晴れの場所にふさわしい母親の衣装

おめでたい入学式。子どもはもちろん、お母さんも華やかさもあってきちんとした衣装で行きたいですよね。

SITE NAVI
晴れの場所にふさわしい母親の衣装

入学式に参加するお母さんの衣装

春、桜が咲いて、子どもの入学式。とてもおめでたく、幸せな季節ですよね。人生においてそんなにひんぱんにはないイベントですので、良い記憶として残したいものです。

記念に写真も撮って、子どもの成長記録にもなります。
子どもの服装ももちろん重要ですが、一緒に行くお母さんやお父さんも何を着ていくか?
ということも同じくらい重要なことなのです。

お父さんはスーツで良いのですが、お母さんの衣装選びはなかなか大変。特に最近はだんだんとフォーマルから少しだけカジュアルになっている傾向があります。

例えば上下揃ったスーツでなくても、黒のパンツやスカートに白っぽいジャケットを羽織り、ピンクのブラウス。もしくはワンピースにカーディガンのように柔らかな素材でできたジャケットなど。柄のあるブラウスを着たり、かっちり感もあるけど適度にカジュアルなアイテムをとりいれるお母さんが増えているようです。

カジュアルすぎても良くないですし、派手すぎても浮いてしまいますが、春らしく明るい雰囲気のある衣装が好まれています。

また、あまりにもフォーマルなものはその後の出番がないのでもったいない、入学式に使ったら普段使いもできるような衣装が人気です。

確かに、その方が合理的ですよね。かしこく無駄なく衣装選びをするお母さんが増えているのでしょうか。もちろん、全身黒のフォーマルな衣装も支持され続けていますので、自分に合った衣装選びを楽しんで下さいね。

お役立ちサイト

  • 体外受精についてはこちらのページがおすすめ。