晴れの場所にふさわしい母親の衣装

入学式の衣装は子供の分だけではありません。子供の衣装以上に悩むのがお母さんの衣装ではないでしょうか。

SITE NAVI
晴れの場所にふさわしい母親の衣装

入学式の子を持つお母さんの衣装

入学式の主役はもちろん子供です。

しかし、1年生になる子供を持つお母さんたちは、入学式にどんな衣装で行こうかしら?
って悩みますよね。私のときも子供の衣装以上に自分の衣装を悩みました。
子供の衣装はお店に連れて行ったらその中から簡単に選ぶことができます。
男の子であれば、黒・紺・グレーくらいのバリエーションの中からスーツを選ぶだけです。

シャツやネクタイもいくつかの候補の中からスーツに合うものを選んだだけで、あっというまに決まりました。
しかし、母親のスーツというものはいろんな選択肢があるものです。

幼稚園の入園式に着て行ったものを着るというのが一番経済的でもあります。
3年前に買った服なのでそれほど古くはありません。
しかし、当時多かったデザインが今はあまりお店で見かけないということもあります。
たった3年しか経っていないのに流行のデザインを選んでしまっていたら、着まわせないということもあってもったいないですね。

私が店員さんに聞いた話では、入園式は白のスーツが多いけれど、小学校や中学校ではそれほど白も多くないということでした。
それに若いお母さんなら白もいいでしょうが、それほど若くないお母さんは白のスーツって抵抗がある人もいるでしょう。せっかくスーツを買ったなら、入学式以外にも活用したいですよね。そしたらグレーや紺、黒といった落ち着いたカラーも活用しやすいでしょう。記念写真に残る衣装は重要ですから、早めに探し始めた方がよいでしょう。